TOP

低反発の犬用ベッドやクッションをおすすめしています。

低反発素材のベッドやクッションは室内犬の床ずれ予防になる?


若い犬でも固い床での暮らしはNG?

 

犬は寿命が短く、小型犬などの長生きする犬種であっても15歳を過ぎると立派な高齢犬です。

 

だんだんと膝関節や体の節々に歪みが生じ、歩行がおかしくなってきたり、足を引きずるような仕草をみせたり食欲も元気もなくなってきますが、どんなに老いてもたくさんの思い出を一緒に作ってきた大切な家族です。

 

お部屋で一緒に過ごしている日常の時間ぐらいは快適に過ごさせてあげたいと思うのが飼い主さんの心情なのではないでしょうか?

 

室内犬に適した犬用ベッドやクッションとは?

 

高齢になるにつれ少しづつ心配になってくることが"犬の床ずれ"という症状です。
床ずれは人間でも高齢になって寝たきりになってくると発症することがある、皮膚病ですが、犬も同じです。
痛みを伴って皮膚に穴が空き眠れなくなり苦しむことになります。

 

医学的には、血行不良により皮膚の一部が壊死してしまうことで起こりますが、起因する原因は、ふだん暮らしている生活環境にあるかもしれません。

 

たとえば、固いフローリングやコンクリートの床を定位置に長時間居座るのが癖のワンちゃんは床ずれになりやすいことが言えます。

 

逆にリビングの柔らかなじゅうたんを定位置にしているワンちゃんはリスクが低いと言えるでしょう。
単純に"休む場所の下の固さ"をやわらげるだけでも予防と考えることも出来るのです。

 

固い床での生活は床ずれだけでなく、膝蓋骨脱臼や股関節形成不全などにも影響する可能性もあります。
ぜひ若い年齢のころから、低反発のマットレスやベッド、クッションなどを利用する習慣をつけ、床ずれ予防を行いましょう。

 

 

小型犬にピッタリの特性ベッド

 

カドラーS (CUDDLER S)のお値段は、5,500円(税別)

 

 

Mandarine Brothersオフィシャルショップはこちらから≫

 

 

室内で人と一緒に暮らす愛犬の様子
室内でペットを飼育されている方必見!「お部屋に漂うイヤなニオイの原因はペットの○○が原因だった!?」意外なニオイの正体とは?予防や対策方法は... 続きを読む≫
ケージの中から見つめるラブラドールレトリバー
室内で犬を飼う際、ケージ飼育と放し飼い、どっちが正解!?ケージを使うメリットや放し飼いをする際の注意点などを考察! 続きを読む≫
犬用のベッドやカドラー選び
室内飼育のペットがお部屋の中ですやすやと寝ている行動を観察していると、季節によって好んで睡眠をとる場所にある特徴があります。そのほか、私たち... 続きを読む≫
ケージやサークル、犬用ベッドの海外の風潮
欧米諸国では犬の室内飼育の際、ケージやサークルを設けないことも多いそうです。理由はしつけの完了した成犬をわざわざ柵の中で生活させなければなら... 続きを読む≫
犬の床ずれ予防におすすめのクッションやベッド
犬の床ずれは発症してからペット病院通いするよりも、事前に防ぐ予防のほうが良いです。犬は10歳を過ぎると、もう中年〜高齢犬の入り口です。若い年... 続きを読む≫
室内犬の犬小屋の掃除や臭い対策
リビングで犬小屋を設けて生活されているご家庭では、小まめな犬小屋周辺の掃除が必要になりますが、どれぐらいのペースでどのような部分周辺を洗浄す... 続きを読む≫
犬のヘルニア予防
小型犬の中でもトイプードルやフレンチブル、ミニチュアダックスのような胴長犬は腰のヘルニアを患いやすい犬種と言われています。そのため室内飼育さ... 続きを読む≫
犬のお風呂とシャンプー
犬のお風呂は外出をした日はもちろん原則毎日欠かさずシャンプー等で清潔を保ってあげると良いでしょう。また犬は初見の経験を突然つませようとすると... 続きを読む≫
室内犬に適正な暖房器具、安全面について
冬場にお部屋で、犬が体感している暖かさと、私たち人間が感じている暖かさは異なります。室内で一緒に暮らすワンちゃんたちのために、室内で使用する... 続きを読む≫
冬でも犬の毛玉取りはすべき?
愛犬の被毛に毛玉ができているのを寒さ対策ということで放置するとどのようなことが生じるか、また毛玉をどう対処するか毛玉のできやすい小型の室内犬... 続きを読む≫
ポメラニアンは冬の寒さに弱い?
ポメラニアンは、もともと寒冷の地の原産ということで寒さには比較的強いほうの小型犬犬種と言われています。しかし実際に飼ってみると意外と日本の冬... 続きを読む≫