TOP

犬をお風呂に入れる上手な入れ方と小型犬のシャンプー時にケアしたいことをまとめました。

犬を嫌がられずにお風呂に入れる上手な方法は?


小型犬のお風呂の入れ方、入れるペースについて

必見犬を嫌がられずにお風呂に入れる上手な方法は?

 

犬は、外でも汚いという感情がありませんので路面の汚れたところで寝転がったり、草木と戯れたりとわんぱくに遊び汚れを毛の中に蓄えてしまいます。

 

当然これをシャンプーで洗い流して清潔にしてあげるのは毎日必要不可欠なことです。

 

しかし幼くシャンプー経験のない子犬は、泡立つシャンプーに対して、初見で物凄く怯えて抵抗を示したりします。

 

初めてのシャンプーも、他の経験同様、徐々に徐々に・・・少しづつお風呂場でのシチュエーションから、お湯で洗う場面など経験として慣らしながらしてあげましょう。

 

また犬のシャンプーの上手なコツは、事前にブラッシングをしてあげることです。
シャンプー前にブラッシングすることで毛のもつれや毛玉をとかし汚れが落ちやすい状況にしましょう。
この一手間を惜しむと、せっかくのシャンプーでの汚れ落としの効力が半減してしまう可能性もあるので、ブラッシングすることをおすすめします。

 

犬のシャンプーの頻度は、当然人間ほど過剰にする必要はありません。
2週間に1度程度で十分ですが、夏場の発汗量の多い季節や、梅雨の季節、また、汚れや匂いの気になるときには、ペースを増やしてもよいでしょう。

 

人間と小型犬は皮膚細胞皮質が異なります。
シャンプーとリンスは必ず小型犬用の商品を使うようにしましょう。
皮膚にできるだけ負担をかけないためには無添加シャンプーの商品や無農薬栽培のオーガニックシャンプーなど探してみてもよいかもしれません。

 

 

 

 

 

【※画像のブランド:マンダリンブラザーズ/値段:2,800円】

 

犬のお風呂上りに着せたいドッグウェア、愛くるしいワンちゃん用のバスローブです。

サイズはできる限りジャストサイズをお選びください。大き過ぎると肌蹴てしまうことが多くなります。

 

 

詳細はこちら

 

 

 

関連ページ:本場イタリアから輸入のオーガニックシャンプーとは?

廊下で振り返る室内犬
室内でペットを飼育されている方必見!「お部屋に漂うイヤなニオイの原因はペットの○○が原因だった!?」知っておきたい室内飼育のアレコレ。ニオイ... 続きを読む≫
犬用のベッドやカドラー選び
室内犬は自宅で一緒に生活をおくる際、ケージ中心の生活と、常時放し飼い生活とではどちらが犬にとって良いのでしょう?ケージやサークルでの飼育時、... 続きを読む≫
犬用のベッドやカドラー選び
室内飼育のペットがお部屋の中ですやすやと寝ている行動を観察していると、季節によって好んで睡眠をとる場所にある特徴があります。そのほか、私たち... 続きを読む≫
ケージやサークル、犬用ベッドの海外の風潮
欧米諸国では犬の室内飼育の際、ケージやサークルを設けないことも多いそうです。理由はしつけの完了した成犬をわざわざ柵の中で生活させなければなら... 続きを読む≫
犬の床ずれ予防におすすめのクッションやベッド
犬の床ずれは発症してからペット病院通いするよりも、事前に防ぐ予防のほうが良いです。犬は10歳を過ぎると、もう中年〜高齢犬の入り口です。若い年... 続きを読む≫
室内犬の犬小屋の掃除や臭い対策
リビングで犬小屋を設けて生活されているご家庭では、小まめな犬小屋周辺の掃除が必要になりますが、どれぐらいのペースでどのような部分周辺を洗浄す... 続きを読む≫
犬のヘルニア予防
小型犬の中でもトイプードルやフレンチブル、ミニチュアダックスのような胴長犬は腰のヘルニアを患いやすい犬種と言われています。そのため室内飼育さ... 続きを読む≫
犬のお風呂とシャンプー
犬のお風呂は外出をした日はもちろん原則毎日欠かさずシャンプー等で清潔を保ってあげると良いでしょう。また犬は初見の経験を突然つませようとすると... 続きを読む≫
室内犬に適正な暖房器具、安全面について
冬場にお部屋で、犬が体感している暖かさと、私たち人間が感じている暖かさは異なります。室内で一緒に暮らすワンちゃんたちのために、室内で使用する... 続きを読む≫
冬でも犬の毛玉取りはすべき?
愛犬の被毛に毛玉ができているのを寒さ対策ということで放置するとどのようなことが生じるか、また毛玉をどう対処するか毛玉のできやすい小型の室内犬... 続きを読む≫
ポメラニアンは冬の寒さに弱い?
ポメラニアンは、もともと寒冷の地の原産ということで寒さには比較的強いほうの小型犬犬種と言われています。しかし実際に飼ってみると意外と日本の冬... 続きを読む≫