TOP

小型犬種がなりやすい?ひざのケガ・膝蓋骨脱臼とは?

小型犬は膝蓋骨脱臼に注意!?予防と対策


小型犬は膝蓋骨脱臼に注意!?予防と対策

 

部屋の入り口から様子を伺う室内飼育のトイプードル

 

 

最近、小型犬種の多様化で、室内飼育が増え、危惧されるようになった怪我が膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)という疾患です。膝蓋骨脱臼とはわかりやすく言うと、足の膝のお皿(膝蓋骨)がずれてしまう怪我のことで、その症状は内側にずれる内方脱臼と外側にずれる外方脱臼に分かれます。

 

なりやすい犬種は?

 

チワワ、トイプードル、ポメラニアン、ヨークシャーテリア、マルチーズなど。運動が活発で、先天的に膝の弱い超小型犬〜小型犬の犬種に多く見られる傾向があります。

 

症状は?

 

膝蓋骨脱臼の症状は、ある日突然、おかしな歩き方をはじめるところからはじまります。片足を気にしながらヨタヨタとバランスの悪い歩き方をしていたら、膝蓋骨脱臼を患っている可能性があります。軽度なうちは犬も「あれ?足がおかしいな」と感じる程度で、症状となって現れにくいこともありますが、重症化すると痛みを伴い、炎症を起こし、患部に触れると吠えたり、鳴いたりするようになり歩行も困難になります。

 

・片方にバランスが崩れるような歩行がみられる
・片足を後ろに伸ばすような行動がみられる
・以前は飛び跳ねる・ジャンプといった動作が見られたが避けるようになる

 

 

場合によってはクセになって、症状を繰り返したり、重症化すると膝蓋骨がほとんど動かなくなったり、屈伸できなくなるようなこともあるので、軽度のうちに対策を考えましょう。

 

原因は?

 

膝蓋骨脱臼の原因は、膝蓋骨が外れ、膝を曲げたり伸ばしたりする動作のときに痛みが出て、炎症を起こすことにあります。先天的に膝蓋骨を支える靭帯が弱かったり、太ももの骨の溝が浅かったりすると、発症することが多いと言われています。また、先天的に丈夫であっても運動が活発で膝に負担をかける運動をしすぎると負荷がかかり発症するリスクは高くなります。高いところからジャンプして着地するような急激な衝撃がくわわる運動には十分に注意しましょう。

 

 

とある保険会社さんの調べでは、ベッドの上から飛び降りたときに発症したという統計が多いことがわかっています。

 

予防と対策

 

フローリングの床のように着地する動作の際にすべりやすい床は発症のリスクが高くなる傾向にあります。またお風呂場のようなところでも滑って着地を失敗して怪我をしたというケースも多く聞かれます。まず第一には、高いところから飛び降りる行為をやめさせること。そして、万が一、飛び降りても滑らない床を工夫することが予防につながります。高いところから飛び降りる行為をしつけでさせなくすることはもちろん、クッション性のあるマットを敷いたり、低層のソファでくつろげる空間を用意するなど配慮した生活環境を設けましょう。

 

 

 

 

MandarineBrosの最新人気ペット服&犬用キャリーバッグ!

 

80年代のカルトプルオーバーが犬の服として復刻!?可愛いフード付パーカー!【中型犬サイズはこちら

散歩にも室内でも使える大人気ライダーズクルー!中型犬サイズはこちら

ペット服売れ筋No1!着脱楽々!スポーティーでおしゃれなカレッジロゴスウェット!

冬はもちろん夏もオールシーズン使える薄手の生地のボーダーパーカー!NEWカラーREDも人気!

数量限定!小型犬用アロハシャツ!MandarineBrosならではの着脱・通気に優れたオシャレペット服!

愛犬が人間さながらのオシャレスタイル!?見た目もかわいいペット同伴ショッピングなどで着せたい一品!

小型犬用のおしゃれでかわいいランチバッグタイプの犬用キャリーバック!機能性にも優れたペット同伴のお出かけに♪

女性オーナーさん人気売れ筋ナンバーワン!肩で背負えるトートタイプの犬用キャリーバッグ!

 

部屋の入り口から様子を伺う室内飼育のトイプードル
犬の膝蓋骨脱臼ってどんな病気?なりやすい犬種は?症状は?原因は?予防と対策についても検証! 続きを読む≫
ワクチン接種後の元気なワンちゃん
幼い幼犬の犬は予防接種を受けさせることで様々な伝染病の感染リスクから守ってあげる必要があります。体調の状態のいいタイミングで計画的に予防接種... 続きを読む≫
口を開けたチワワ
生後間もなく乳歯が生え、半年と経たないうちにあっという間に永久歯へと生え変わる犬の歯ですが、成長過程で、良くない歯の生え方をしてきた場合に備... 続きを読む≫
正面を見つめるミニチュアダックス(目元、瞳が大きく見える画像)
小型犬の目の病気は、中型犬や大型犬とはまた異なる病気であったり、感染、発症しやすい傾向や対策も異なります。どんな病気を患いやすいか、どんな予... 続きを読む≫
風邪でぐったり寝込む犬
小型犬のわんちゃんも深刻な鼻の病気を患うことがあります。どういった症状が出るか、どういった対処をすべきかなど対策を考察しましょう。また、鼻血... 続きを読む≫
ベッドでぐったり元気がないミニチュアダックス
小型犬が耳の病気を発症している場合にいち早く気づく方法や予防と対策について解説しています。小型犬の垂れ耳の犬種に多い外耳炎のことや、その他の... 続きを読む≫
小型犬の歯
小型犬は歯の生え方や骨の膜の薄さが理由で中型、大型犬種よりも口の中の病気を患いやすいと言われています。では実際にどのような症状が発生し、どの... 続きを読む≫
獣医さんに抱きかかえられた小型犬のワンちゃん
室内で飼育されることが多い小型犬のワンちゃんたち。昭和の外で飼育されていたペット時代とは異なり、より快適により身近に飼えるようになった分、ハ... 続きを読む≫
散歩中の柴犬のお尻アップ画像
室内飼育の小型犬などは運動不足や散歩不足が原因で肛門嚢の分泌が上手く成されず、肛門嚢炎などの病気になりやすいと言われています。ではその肛門嚢... 続きを読む≫
病院で子宮の検診を受ける高齢犬
メスの犬が発症しやすい生殖器の病気について考察しています。犬にとって生殖器の病気は去勢や子宮の摘出などの処置が絡む深刻な病気です。日常の仕草... 続きを読む≫
下痢で元気がないワンちゃんのイメージ
犬(室内犬)の排便や排尿のトラブルは、実は重大な病気の予兆かもしれません。特に下痢は食事の過度な摂取や、アレルギーでない場合、伝染病や寄生虫... 続きを読む≫
愛犬のお口のニオイを嗅ぐ女の子
犬の口臭から分かる病気の種類と、予兆、症状について考察しています。歯の病気の場合も、臓器の病気の場合も、いずれにしても愛犬の健康にとっては深... 続きを読む≫
咳を止めるためマスクをしたパグ
空咳が続く…。発熱が辛そう…。元気がない…。そんな症状が長引いたらケンネルコフの症状かも!?犬の風邪ウィルス、ケンネルコフってどんな病気?症... 続きを読む≫
幼犬が獣医さんにワクチンを打ってもらう様子
皆さんは犬のフィラリア感染という病気を聞いたことはありますか?フィラリアとは別名を犬糸状虫と呼ばれる寄生虫の名前です。読んで字のごとく、犬に... 続きを読む≫