TOP

出産期のメス犬が発症する子宮内膜炎と子宮蓄膿症について

メス犬の生殖器の病気は深刻!?異変に気づいたら1日も早く獣医さんへ


メス犬の生殖器の病気は深刻!?異変に気づいたら1日も早く獣医さんへ

 

病院で子宮の検診を受ける高齢犬

 

 

犬にとって生殖器の病気は、去勢や子宮の摘出などの処置が絡む深刻な病気です。その病気はオスとメスとで異なりますが、特にメスは命にかかわる深刻な病気リスクが高いので要注意です。

 

どんな病気がある?

 

子宮内膜炎

 

メスの犬の子宮は発情期がひと段落するとは、子宮口が閉じて、外から最近やウィルスが侵入しないよう閉口し異物をシャットアウトした状態になります。しかし、発情前期から発情期にかけては、妊娠するために子宮と膣をつなぐ管(子宮頸管)が開いた状態となります。この間に発症しやすいのが子宮内膜炎という病気。ふだんは膣内から侵入することのない常在菌が開いた子宮頸管に入り込み繁殖し炎症を引き起こします。

 

症状

 

・明らかに元気がない
・お腹が張っている
・尿の回数が増える
・水を飲む量が増える
・不正出血が見られる
・微熱・発熱がみられる

 

どんな犬がなりやすい?

 

子宮内膜炎は避妊手術をしていないメス犬が発症する病気です。また、年齢の若い犬であれば自らの免疫力で病気を防ぐことができますが、高齢になるにつれ免疫力が下がり発症しやすくなります

 

治療方法

 

・抗生物質の投与
・ホルモン治療
・外科手術

 

 

 

子宮内膜炎の症状が悪化し、膿がたまって炎症を起こした状態になると子宮蓄膿症という病気に発展していきます。次に子宮蓄膿症について考察してみましょう。

 

 

子宮蓄膿症

 

子宮内膜炎の症状が進行し、子宮内の菌が繁殖して膿(うみ)がたまって体外に排出できなくなった状態を子宮蓄膿症と言います。原因は卵巣から分泌されるホルモンのバランスが崩れることに起因します。初期の症状に気づきにくく、症状となって現れにくいのが難点です。

 

症状

 

・食欲がなくなる
・嘔吐がみられる
・不正出血がある
・腹部を気にする仕草
・水を飲む量が増える
・おしっこがたくさん出る
・お腹が膨れている

 

どんな犬がなりやすい?

 

子宮蓄膿症は不妊手術(卵巣子宮摘出術)を受けていないメスの犬がなりやすい病気です。1歳〜2歳などの若い年齢で発症することはまれで、一般的に5歳〜の中高齢犬が発症するケースが大半です。

 

治療方法

 

・抗生物質で腹腔内を洗浄
・外科手術
・術後の点滴

 

 

 

子宮蓄膿症は糸状虫症(フィラリア症)などの感染症と並んで、命に関わる深刻な病気のひとつです。病気の進行速度も速いため、異変に気づいたら一日も早く獣医さんへ相談するようにしましょう。

 

 

 

 

 

人気の犬服(ドッグウェア)&愛犬とのお出かけに便利なバッグ、おもちゃ…etc!

 

雨の日のお散歩に!紫外線対策で皮膚病の予防に!一年中季節に関係なく使える犬用レインコート(犬の雨具)!

スポーティーで可愛らしい小型犬用のフード付きNEWボーダーパーカー!爽やかなマリンブルーカラーはこちら

元気いっぱい運動好きのワンちゃんに!袖周りの動きが快適なノースリーブタイプの犬用タンクトップ!

マナーポーチとしてはもちろんおやつ入れや小物入れとしても便利な愛犬家オーナーさんの人気アイテム!

小型犬ワンちゃん〜中型犬サイズのワンちゃんまで大きめゆったりサイズ!ヒッコリーカラーの人気犬用キャリーバッグ!

トートバッグタイプのキャリーにおしゃれなカモフラージュ柄!内部の通気や温度調節にもこだわった機能的バッグ!

散歩に嬉しいオーナーさん用ウウェストポーチに迷彩柄の新色登場(他・デニム素材…etc)!〔2,800円〕と値段も手頃で安い!

公園などで家族や愛犬と投げて遊べるロープ素材の安心犬のおもちゃ!かわいらしいアロハ柄が新登場!

部屋の入り口から様子を伺う室内飼育のトイプードル
犬の膝蓋骨脱臼ってどんな病気?なりやすい犬種は?症状は?原因は?予防と対策についても検証! 続きを読む≫
ワクチン接種後の元気なワンちゃん
幼い幼犬の犬は予防接種を受けさせることで様々な伝染病の感染リスクから守ってあげる必要があります。体調の状態のいいタイミングで計画的に予防接種... 続きを読む≫
口を開けたチワワ
生後間もなく乳歯が生え、半年と経たないうちにあっという間に永久歯へと生え変わる犬の歯ですが、成長過程で、良くない歯の生え方をしてきた場合に備... 続きを読む≫
正面を見つめるミニチュアダックス(目元、瞳が大きく見える画像)
小型犬の目の病気は、中型犬や大型犬とはまた異なる病気であったり、感染、発症しやすい傾向や対策も異なります。どんな病気を患いやすいか、どんな予... 続きを読む≫
風邪でぐったり寝込む犬
小型犬のわんちゃんも深刻な鼻の病気を患うことがあります。どういった症状が出るか、どういった対処をすべきかなど対策を考察しましょう。また、鼻血... 続きを読む≫
ベッドでぐったり元気がないミニチュアダックス
小型犬が耳の病気を発症している場合にいち早く気づく方法や予防と対策について解説しています。小型犬の垂れ耳の犬種に多い外耳炎のことや、その他の... 続きを読む≫
小型犬の歯
小型犬は歯の生え方や骨の膜の薄さが理由で中型、大型犬種よりも口の中の病気を患いやすいと言われています。では実際にどのような症状が発生し、どの... 続きを読む≫
獣医さんに抱きかかえられた小型犬のワンちゃん
室内で飼育されることが多い小型犬のワンちゃんたち。昭和の外で飼育されていたペット時代とは異なり、より快適により身近に飼えるようになった分、ハ... 続きを読む≫
散歩中の柴犬のお尻アップ画像
室内飼育の小型犬などは運動不足や散歩不足が原因で肛門嚢の分泌が上手く成されず、肛門嚢炎などの病気になりやすいと言われています。ではその肛門嚢... 続きを読む≫
病院で子宮の検診を受ける高齢犬
メスの犬が発症しやすい生殖器の病気について考察しています。犬にとって生殖器の病気は去勢や子宮の摘出などの処置が絡む深刻な病気です。日常の仕草... 続きを読む≫
下痢で元気がないワンちゃんのイメージ
犬(室内犬)の排便や排尿のトラブルは、実は重大な病気の予兆かもしれません。特に下痢は食事の過度な摂取や、アレルギーでない場合、伝染病や寄生虫... 続きを読む≫
愛犬のお口のニオイを嗅ぐ女の子
犬の口臭から分かる病気の種類と、予兆、症状について考察しています。歯の病気の場合も、臓器の病気の場合も、いずれにしても愛犬の健康にとっては深... 続きを読む≫
咳を止めるためマスクをしたパグ
空咳が続く…。発熱が辛そう…。元気がない…。そんな症状が長引いたらケンネルコフの症状かも!?犬の風邪ウィルス、ケンネルコフってどんな病気?症... 続きを読む≫
幼犬が獣医さんにワクチンを打ってもらう様子
皆さんは犬のフィラリア感染という病気を聞いたことはありますか?フィラリアとは別名を犬糸状虫と呼ばれる寄生虫の名前です。読んで字のごとく、犬に... 続きを読む≫