TOP

犬は風邪を引かない?花粉症にもなりにくいのは本当?

犬にも風邪ってあるの?花粉症ってあるの?


犬にも風邪ってあるの?花粉症ってあるの?

風邪でぐったり寝込む犬

 

 

私たち人間は風邪を引くと、扁桃腺が腫れたり、発熱したり、咳が出たり、悪寒がして身震いしたりと…、風邪特有の症状がありますが、犬にも風邪引きってあるのでしょうか?

 

 

症状こそ私たち人間とは違えど、犬にも風邪の症状はあります。

 

犬の風邪の原因となるウィルス

 

●犬アデノウイルス
●犬パラインフルエンザウイルス

 

これらのウィルスは一般的に犬の咳やくしゃみなどの飛沫物によって感染すると言われています。

 

犬の風邪の症状

 

犬が風邪の特徴的な症状は「咳」です。ふだん暮らしていて犬が咳をすることなどほとんどありませんが、風邪を引いているときはよく咳が出ます。もちろん1度や2度、咳をしたからといって風邪を引いているとは断定できませんが、同時に、目やにが増えたり、発熱、嘔吐などの症状を併発したら、風邪を疑いましょう。

 

 

鼻水が黄色く粘着性があるものが出たり、やたらと身震いする動作も風邪の症状の可能性があります。

 

 

そもそも風邪の症状というものは、どれもウイルスなどの感染に対抗するために繰り広げられる体の防御反応です。体温が下がり、からだの免疫機能が下がっているときや疲労困憊したあとは体調を崩しやすいので注意が必要です。

 

犬にも花粉症ってあるの?

 

鼻がむずむずした様子のゴールデンレドリバー

 

 

スギやヒノキと言った日本の有名な花粉の季節は、2月〜3月。この時期には、空気中に多くのアレルゲンが存在しています。人間は花粉が飛び始める春に花粉症が蔓延し鼻がむずむず。寒さを感じれば風邪をひいて鼻がむずむず。この原因は人間の鼻の粘膜が薄く外来の微粒子に過敏に反応を示すためです。

 

犬も私たち人間同様、これらのアレルゲンを鼻や口から吸い込むことで、花粉症を患う可能性があります。

 

 

予防法について考察!

 

 

・散歩時のルートを花粉の飛散ができるだけ少ないルートへ変更する
・被毛などに花粉が付着し2次感染を予防するためにも被服で保護する
室内に空気清浄機を設置するなどし花粉の侵入を防ぐとともに駆除を行う
・外出から戻った際は、きちんと全身の洗浄を行う

 

花粉の飛散の多い、早朝を避けて散歩すると犬の花粉症の対策につながります。小まめに市販の使い捨て床拭き用シートなどを使って、毎日犬の体を乾拭きをするとさらに安心です。

 

また、犬には私たち人間とは異なる厄介な鼻の病気があります。例えば、粘り気のある膿のような鼻水が出てくるようなことが続くと、犬ジステンパーウイルスという感染症にかかっている可能性があります。また、突然大きな音を立てたりして急激に空気を吸い込むような、逆くしゃみという発作を起こすこともあります。原因は解明されていませんが、もししょっちゅうしているようであれば早めに獣医さんの診察を受けさせましょう。

 

小型犬の犬も鼻血を出すことがありますが、人間同様、鼻血も外傷であれば特に心配いりませんが、出方によっては鼻腔の腫瘍の可能性も秘めていますので、軽視せず様子を見るか獣医さんへ相談してみましょう。獣医学的には犬の鼻が乾いていると体調不良を示していると言われていますが、小型犬の犬種によっては日常的に乾いている犬種もいますので獣医さんやペットショップ、ブリーダーさんへ相談してみると良いでしょう。

 

 

 

 

MandarineBrosの最新人気ペット服&犬用キャリーバッグ!

 

80年代のカルトプルオーバーが犬の服として復刻!?可愛いフード付パーカー!【小型犬サイズは画像をタッチ/中型犬サイズはこちら 散歩にも室内でも使える大人気ライダーズクルー!【小型犬サイズは画像をクリック!/中型犬サイズはこちら
ペット服売れ筋No1!着脱楽々!スポーティーでおしゃれなカレッジロゴスウェット! 冬はもちろん夏もオールシーズン使える薄手の生地のボーダーパーカー!NEWカラーREDも人気!
数量限定!小型犬用アロハシャツ!MandarineBrosならではの着脱・通気に優れたオシャレペット服! 愛犬が人間さながらのオシャレスタイル!?見た目もかわいいペット同伴ショッピングなどで着せたい一品!
小型犬用のおしゃれでかわいいランチバッグタイプの犬用キャリーバック!機能性にも優れたペット同伴のお出かけに必須のアイテム! 女性オーナーさん人気売れ筋ナンバーワン!肩で背負えるトートタイプの犬用キャリーバッグ!

 

部屋の入り口から様子を伺う室内飼育のトイプードル
犬の膝蓋骨脱臼ってどんな病気?なりやすい犬種は?症状は?原因は?予防と対策についても検証! 続きを読む≫
ワクチン接種後の元気なワンちゃん
幼い幼犬の犬は予防接種を受けさせることで様々な伝染病の感染リスクから守ってあげる必要があります。体調の状態のいいタイミングで計画的に予防接種... 続きを読む≫
口を開けたチワワ
生後間もなく乳歯が生え、半年と経たないうちにあっという間に永久歯へと生え変わる犬の歯ですが、成長過程で、良くない歯の生え方をしてきた場合に備... 続きを読む≫
正面を見つめるミニチュアダックス(目元、瞳が大きく見える画像)
小型犬の目の病気は、中型犬や大型犬とはまた異なる病気であったり、感染、発症しやすい傾向や対策も異なります。どんな病気を患いやすいか、どんな予... 続きを読む≫
風邪でぐったり寝込む犬
小型犬のわんちゃんも深刻な鼻の病気を患うことがあります。どういった症状が出るか、どういった対処をすべきかなど対策を考察しましょう。また、鼻血... 続きを読む≫
ベッドでぐったり元気がないミニチュアダックス
小型犬が耳の病気を発症している場合にいち早く気づく方法や予防と対策について解説しています。小型犬の垂れ耳の犬種に多い外耳炎のことや、その他の... 続きを読む≫
小型犬の歯
小型犬は歯の生え方や骨の膜の薄さが理由で中型、大型犬種よりも口の中の病気を患いやすいと言われています。では実際にどのような症状が発生し、どの... 続きを読む≫
獣医さんに抱きかかえられた小型犬のワンちゃん
室内で飼育されることが多い小型犬のワンちゃんたち。昭和の外で飼育されていたペット時代とは異なり、より快適により身近に飼えるようになった分、ハ... 続きを読む≫
散歩中の柴犬のお尻アップ画像
室内飼育の小型犬などは運動不足や散歩不足が原因で肛門嚢の分泌が上手く成されず、肛門嚢炎などの病気になりやすいと言われています。ではその肛門嚢... 続きを読む≫
病院で子宮の検診を受ける高齢犬
メスの犬が発症しやすい生殖器の病気について考察しています。犬にとって生殖器の病気は去勢や子宮の摘出などの処置が絡む深刻な病気です。日常の仕草... 続きを読む≫
下痢で元気がないワンちゃんのイメージ
犬(室内犬)の排便や排尿のトラブルは、実は重大な病気の予兆かもしれません。特に下痢は食事の過度な摂取や、アレルギーでない場合、伝染病や寄生虫... 続きを読む≫
愛犬のお口のニオイを嗅ぐ女の子
犬の口臭から分かる病気の種類と、予兆、症状について考察しています。歯の病気の場合も、臓器の病気の場合も、いずれにしても愛犬の健康にとっては深... 続きを読む≫
咳を止めるためマスクをしたパグ
空咳が続く…。発熱が辛そう…。元気がない…。そんな症状が長引いたらケンネルコフの症状かも!?犬の風邪ウィルス、ケンネルコフってどんな病気?症... 続きを読む≫
幼犬が獣医さんにワクチンを打ってもらう様子
皆さんは犬のフィラリア感染という病気を聞いたことはありますか?フィラリアとは別名を犬糸状虫と呼ばれる寄生虫の名前です。読んで字のごとく、犬に... 続きを読む≫