TOP

定期的に受けさせる犬の予防接種。そのペースはどれぐらい?

小型犬の検診と予防接種、ペースどれぐらい?


小型犬の検診と予防接種、ペースどれぐらい?

狂犬病ワクチン接種後の証書と犬のイラスト

 

小型犬を新たに飼う際には、インフルエンザなどの病気の感染を防ぐため予防接種を受けさせなければなりません。しかし犬の予防接種は保険が効きないため全て自費負担となってしまうことから、"きちんと受けさせている人"は減少傾向にあります。

 

しかし予防接種は、病気を患うことなく、愛犬が長く健やかに暮らすために必要不可欠なものです。ペットを飼うということはこういった負担も負う覚悟がなくてはなりません。

 

 

小型犬の予防接種は成長過程で数回、必要です。

 

初めての予防接種

 

生後1ヵ月半〜3ヶ月が経過すると、産後に保っていた免疫効果が徐々に薄れていきます。
この時期に、初めての予防接種が受けられればベストなタイミングです。

 

2回目の予防接種

 

幼犬から1年と経たずにスピード成長する小型犬のワンちゃんたち。体が成長をする過程で体内で寄生虫が発生する場合があります。生後3〜4ヶ月頃にも2度目の予防接種を受けさせてあげられればベストです。

 

3回目の予防接種

 

2回の予防接種でも十分な免疫力が回復していない場合、万全を期すためにも、生後4ヶ月を過ぎた頃に3度目の予防接種を受けましょう。3度受けることで免疫が強化され伝染病などに感染するリスクはかなり軽減されます。

 

1歳からの予防接種

 

ワクチンには効力の有効期間があります。そのため1歳を過ぎた頃に改めてもう一度、予防接種を受けると万全です。ペットショップや獣医さんと相談のうえ、その後も1年に1度ぐらいのペースで定期的に受けさせるプランを考えておきましょう。※誕生日のタイミングを節目に予防接種を受けさせるようにしておくと忘れずに便利です。

 

定期的な検診

 

幼犬から成犬へとても短いスパンでみるみる成長をするワンちゃんたち。一気に成犬へと成長する過程で体内の状況もめまぐるしく変わります。成犬になるまでは、1ヶ月おき程度に獣医さんの定期健診を受けることをおすすめします。食事内容や運動の管理が充分かもチェックしてもらい、検便、検尿も行うようにしましょう。

 

予防接種を控えたほうがいい状況は?

 

予防接種を嫌がる犬のイラスト

 

予防接種を受ける際は、犬の体調が調子の良いタイミングを選びましょう。というのも、体調不良時だったり、弱っているときに、予防接種を受けても効力を100%引き出せない場合があるためです。

 

・明らかに体調を崩しているとき
・疲労してぐったりしているとき
・嘔吐したり下痢がみられるとき
・病気を患っていて治療中のとき
・生後一か月以内の幼犬の場合
・高齢犬の場合

 

 

 

予防接種を受けたあとは、できる限り激しい運動は避け、ストレスをできるだけ与えない環境下で過ごすようにしましょう。

 

 

 

 

 

MandarineBrosの最新人気ペット服&犬用キャリーバッグ!

 

80年代のカルトプルオーバーが犬の服として復刻!?可愛いフード付パーカー!【小型犬サイズは画像をタッチ/中型犬サイズはこちら 散歩にも室内でも使える大人気ライダーズクルー!【小型犬サイズは画像をクリック!/中型犬サイズはこちら
ペット服売れ筋No1!着脱楽々!スポーティーでおしゃれなカレッジロゴスウェット! 冬はもちろん夏もオールシーズン使える薄手の生地のボーダーパーカー!NEWカラーREDも人気!
数量限定!小型犬用アロハシャツ!MandarineBrosならではの着脱・通気に優れたオシャレペット服! 愛犬が人間さながらのオシャレスタイル!?見た目もかわいいペット同伴ショッピングなどで着せたい一品!
小型犬オーナーさんにおすすめのランチバッグタイプの犬用キャリーバック!あると嬉しい機能が充実♪ 女性オーナーさん人気売れ筋ナンバーワン!肩で背負えるトートタイプの犬用キャリーバッグ!

 

部屋の入り口から様子を伺う室内飼育のトイプードル
犬の膝蓋骨脱臼ってどんな病気?なりやすい犬種は?症状は?原因は?予防と対策についても検証! 続きを読む≫
ワクチン接種後の元気なワンちゃん
幼い幼犬の犬は予防接種を受けさせることで様々な伝染病の感染リスクから守ってあげる必要があります。体調の状態のいいタイミングで計画的に予防接種... 続きを読む≫
口を開けたチワワ
生後間もなく乳歯が生え、半年と経たないうちにあっという間に永久歯へと生え変わる犬の歯ですが、成長過程で、良くない歯の生え方をしてきた場合に備... 続きを読む≫
正面を見つめるミニチュアダックス(目元、瞳が大きく見える画像)
小型犬の目の病気は、中型犬や大型犬とはまた異なる病気であったり、感染、発症しやすい傾向や対策も異なります。どんな病気を患いやすいか、どんな予... 続きを読む≫
風邪でぐったり寝込む犬
小型犬のわんちゃんも深刻な鼻の病気を患うことがあります。どういった症状が出るか、どういった対処をすべきかなど対策を考察しましょう。また、鼻血... 続きを読む≫
ベッドでぐったり元気がないミニチュアダックス
小型犬が耳の病気を発症している場合にいち早く気づく方法や予防と対策について解説しています。小型犬の垂れ耳の犬種に多い外耳炎のことや、その他の... 続きを読む≫
小型犬の歯
小型犬は歯の生え方や骨の膜の薄さが理由で中型、大型犬種よりも口の中の病気を患いやすいと言われています。では実際にどのような症状が発生し、どの... 続きを読む≫
獣医さんに抱きかかえられた小型犬のワンちゃん
室内で飼育されることが多い小型犬のワンちゃんたち。昭和の外で飼育されていたペット時代とは異なり、より快適により身近に飼えるようになった分、ハ... 続きを読む≫
散歩中の柴犬のお尻アップ画像
室内飼育の小型犬などは運動不足や散歩不足が原因で肛門嚢の分泌が上手く成されず、肛門嚢炎などの病気になりやすいと言われています。ではその肛門嚢... 続きを読む≫
病院で子宮の検診を受ける高齢犬
メスの犬が発症しやすい生殖器の病気について考察しています。犬にとって生殖器の病気は去勢や子宮の摘出などの処置が絡む深刻な病気です。日常の仕草... 続きを読む≫
下痢で元気がないワンちゃんのイメージ
犬(室内犬)の排便や排尿のトラブルは、実は重大な病気の予兆かもしれません。特に下痢は食事の過度な摂取や、アレルギーでない場合、伝染病や寄生虫... 続きを読む≫
愛犬のお口のニオイを嗅ぐ女の子
犬の口臭から分かる病気の種類と、予兆、症状について考察しています。歯の病気の場合も、臓器の病気の場合も、いずれにしても愛犬の健康にとっては深... 続きを読む≫
咳を止めるためマスクをしたパグ
空咳が続く…。発熱が辛そう…。元気がない…。そんな症状が長引いたらケンネルコフの症状かも!?犬の風邪ウィルス、ケンネルコフってどんな病気?症... 続きを読む≫
幼犬が獣医さんにワクチンを打ってもらう様子
皆さんは犬のフィラリア感染という病気を聞いたことはありますか?フィラリアとは別名を犬糸状虫と呼ばれる寄生虫の名前です。読んで字のごとく、犬に... 続きを読む≫