TOP

犬がフィラリアに感染したときの症状や対処法、また、未然に防ぐ予防法について

犬のフィラリアってどんな病気?症状は?処置は?


犬のフィラリアの予防や対策について

 

必見フィラリアになると犬はどうなる?〔症状・対処など〕

 

皆さんは犬のフィラリア感染という病気を聞いたことはありますか?
フィラリアとは、別名を犬糸状虫と呼ばれる寄生虫の名前です。

 

読んで字のごとく、"犬に寄生する糸状の虫"であり、感染すると心臓や肺、肝臓や腎臓など、生命維持に関わる重大な体の臓器を虫食み、重度になると命さえも落としかねない犬にとってとても怖い病気の元凶です。

 

感染の原因は、私たちも夏場になると、苦しめられる害虫の"蚊"です。

 

2014年、東京都の代々木公園を中心に発生したデング熱も、蚊(ネッタイシマカやヒトスジシマカ)が原因でしたが、フィラリアも実はこの"蚊"に刺されるというところにはじまります。

 

媒介をする蚊は、日本のどこにでも居る蚊であると言われていますが、主には"トウゴウヤブカ"であることが解っています。

 

蚊の媒介とすることで体内に入り込んだフィラリアの菌は、犬の心臓や肺の血管に寄生し、血液中の栄養分を吸収していきます。その後、多くの場合は、慢性的な経過をたどるため、症状に気づくことができますが、希にあっという間に重篤となることもある怖い病気です。

 

フィラリアの感染に気づくために、飼育者としてまず知っておかなければならないのは、フィラリア症を患った犬に症状となって表れる動作や仕草、行動です。

 

 

注目!!最も異変に気づきやすいのは、「咳」です。

 

喉を詰まらせたように咳をするようになり、その回数がどんどん悪化していくようであれば、フィラリアの疑いをもちましょう。

 

また、咳の延長上で、吐いたり喀血(かっけつ※呼吸器系からの出血)をしてしまったりする場合にはフィラリアがかなり進行してしまっている可能性もあります。

 

●フィラリアを患ったときの病状

 

・咳がだんだん悪化していく
・非活動的でぐったりしている時間が長くなる
・散歩などでも少し動いただけで走ったりしなくなる
・臓器の機能不全の影響でうっ血がみられる
・腹水が悪化していく

 

●フィラリア症の疑いがあったら…?

 

ふだん、散歩に連れて行っているコースや、周囲の環境を思い返してみてください。

 

散歩コースでなくても近所に藪蚊が飛び交っているようなところがある場合には愛犬がフィラリアに冒されるリスクは高いと言えます。

 

上記のようなフィラリアの症状を少しでも見受けられたら、すぐにかかりつけのペット病院や獣医さんに診察をしてもらうことが第一優先です。

 

そこで治療が必要と判断された場合には、寄生状況(寄生している数によって異なるそうです。)を確認のうえ、駆除薬の投与や急性の場合は手術、対処療法など、適正な処置を施してもらえるはずです。

 

●フィラリアを予防する努力を

 

フィラリアは外部環境(蚊に刺されること)によって患う感染症です。
防ぎきれない部分も多くあるため、なってしまったらある程度仕方のないことですが、極力は、"ならないようにする"ことも大切です。

 

最近では、蚊に刺されにくいように服を着せたり犬用の虫除けスプレーを吹きかけて散歩に出かけられるオーナーさんも増えています。また、フィラリア予防薬などの薬の投与もありますので、獣医師さんへ相談してみるのも良いでしょう。

 

 

 

 

小型犬〜中型犬サイズの犬の服!&売れ筋!犬用キャリーバッグ特集

 

秋冬おすすめのペット服ファッション!犬用マウンテンパーカー(アウター・ジャケット) 冬の散歩、寒さ対策に。ストレッチ素材で快適ぽかぽか!スウェットパーカー!
プレゼントなどにも人気!お風呂上がりに♪寒い季節の室内着に♪コミカルでかわいい犬用バスローブ! ギンガムチェックのカジュアルデザイン!ペット同伴のお出かけに着せたい小型犬のペット服!
80年代のカルトプルオーバーが犬の服として復刻!?可愛いフード付パーカー!【中型犬サイズは画像をタッチ/小型犬サイズはこちら 散歩にも室内でも使える大人気ライダーズクルー!【中型犬サイズは画像をクリック!/小型犬サイズはこちら
男性オーナーさん女性オーナーさん共に人気!機能性抜群!デニム生地のカジュアルでオシャレなキャリーバッグ! すっぽり入って中は快適楽々!抱っこ型でいつも一緒!スリングタイプの犬用キャリーバッグ!

 

ワクチン接種後の元気なワンちゃん
幼い幼犬の犬は予防接種を受けさせることで様々な伝染病の感染リスクから守ってあげる必要があります。体調の状態のいいタイミングで計画的に予防接種... 続きを読む≫
口を開けたチワワ
生後間もなく乳歯が生え、半年と経たないうちにあっという間に永久歯へと生え変わる犬の歯ですが、成長過程で、良くない歯の生え方をしてきた場合に備... 続きを読む≫
正面を見つめるミニチュアダックス(目元、瞳が大きく見える画像)
小型犬の目の病気は、中型犬や大型犬とはまた異なる病気であったり、感染、発症しやすい傾向や対策も異なります。どんな病気を患いやすいか、どんな予... 続きを読む≫
小型犬の鼻の病気
小型犬のわんちゃんも深刻な鼻の病気を患うことがあります。どういった症状が出るか、どういった対処をすべきかなど対策を考察しましょう。また、鼻血... 続きを読む≫
犬の耳の病気
小型犬が耳の病気を発症している場合にいち早く気づく方法や予防と対策について解説しています。小型犬の垂れ耳の犬種に多い外耳炎のことや、その他の... 続きを読む≫
小型犬の口の病気
小型犬は歯の生え方や、骨の膜の薄さが理由で中型、大型犬種よりも口の中の病気を患いやすいと言われています。では実際にどのような症状が発生し、ど... 続きを読む≫
室内飼育の小型犬に多い皮膚の病気について
室内で飼育されることが多い小型犬のワンちゃんたち。昭和の外で飼育されていたペット時代とは異なり、より快適により身近に飼えるようになった分、ハ... 続きを読む≫
犬の肛門の病気、予兆・症状について
室内飼育の小型犬などは運動不足や散歩不足が原因で肛門嚢の分泌が上手く成されず、肛門嚢炎などの病気になりやすいと言われています。ではその肛門嚢... 続きを読む≫
犬の生殖器の病気
犬の生殖器の病気について考察しています。犬にとって生殖器の病気は去勢や子宮の摘出などの処置が絡む深刻な病気です。日常の仕草・行動やおしっこに... 続きを読む≫
犬の下痢は病気の予兆?
犬(室内犬)の排便や排尿のトラブルは、実は重大な病気の予兆かもしれません。特に下痢は食事の過度な摂取や、アレルギーでない場合、伝染病や寄生虫... 続きを読む≫
犬の口の臭い
犬の口臭から分かる病気の種類と、予兆、症状について考察しています。歯の病気の場合も、臓器の病気の場合も、いずれにしても愛犬の健康にとっては深... 続きを読む≫
人間同様、犬も風邪を引くことがあります。特に乾燥している冬の季節は犬同士の咳やくしゃみによってもウィルスが散布によって飛来し、喉の粘膜に付着... 続きを読む≫
犬の花粉症、症状や対策について
犬が花粉症になるとどうなるのか?犬の花粉症の予防や対策は?など気になる花粉の季節の犬との過ごし方について知って得する予備知識をまとめています... 続きを読む≫
犬のフィラリア、症状や対策は?
皆さんは犬のフィラリア感染という病気を聞いたことはありますか?フィラリアとは別名を犬糸状虫と呼ばれる寄生虫の名前です。読んで字のごとく、犬に... 続きを読む≫