TOP

犬はお腹が冷えます。チワワなどの人気小型犬は寒さに弱いと言われています。

犬が寒いと感じるのはどこ?どういうとき?


犬は寒さや乾燥をどのように体感している?

 

必見犬と私たち人間とでは寒さの感じ方が違う?

 

私たち人間が属する哺乳類は、冬の寒さの前にカラダに皮下脂肪を蓄えることで本能的に体が準備をすると言われています。そのため私たち人間が特に寒いと感じる身体の部位は、関節の周りや露出している顔のような部位、首、など、筋肉や脂肪の少ない場所などです。

 

これに対し、犬は全身を被毛に覆われ、顔でさえも毛に覆われています。
「犬や動物は体毛が多いから寒くない」と、ついつい考えてしまいがちですが、これをペットに当てはめて考えてしまうと意外な落とし穴。犬も寒さに弱く風邪を引きますし、ぶるぶると震え体温を保とうとする本能的な動作も見られます。

 

ではいったい身体のどの部位が寒さを感じやすいのか?

 

犬が生活している地面からの高さは、私たち人間が暮らすよりも低い位置で行動していることと、腹部の被毛が比較的少ないため、地表からの寒さに弱いと考えられています。室内犬で考えた場合、暖かい空気というのは天井付近に停滞し、フローリングや床の気温は基本的に低いため、手足を折りたたんで急速する犬などの動物は、なおさらお腹が冷えてしまうということになります。

 

お腹の冷えに対する予防策は様々考えられますが、当方でおすすめしている犬のベッドも冷え予防対策のひとつ。
綿100%の保温性のある材質で、リビングなどで家族団らんくつろぐ際にも、直接フローリングなどと面することがなくなり愛犬が快適に過ごすことができるようになります。

 

●犬が快適に過ごせるお部屋の温度は?

 

室内犬の生活は室温20℃前後、湿度40〜60%が理想的と言われています。

 

そのため犬の寒さ対策という点においては、私たちの目線の高さで測定するのではなく、犬と同じ低位置の気温を測定することが一つポイントとなります。

 

また、寒さと同様、配慮したいのが冬の乾燥です。
犬は空気の乾燥した空間で生活していると、鼻や喉の粘膜も乾燥し細菌やウィルスに感染するリスクが高くなります。常時嗜む程度の水の用意と、室内には加湿器を使用して、人と同じように病気の予防に努めましょう。

 

 

 

 

 

愛犬の室内でのポカポカ暖かい空間作りに!床ずれ予防にも!

 

 

 

最新作!マンダリンブラザーズから新登場の犬用ベッド!!

おしゃれで可愛らしい迷彩柄のデザインがお部屋のインテリアと一体化!

ベッド内でワンちゃんが快適に過ごせるよう至る箇所に工夫があります♪

 

 

迷彩柄犬用ベッドの詳細はこちらから≫

 

冬に犬はお腹が冷える?
犬は身体のどこの部位に寒さを感じやすいのでしょうか?また、犬は風邪をひくとどんなデメリットがあるのかなど、室内犬と寒さについて雑学を考察して... 続きを読む≫
犬の寒いときの仕草や行動
犬は寒くても「寒い」と言葉を発することが出来ません。しかし本能的に身体にそのジェスチャーが出ます。もしもこんな行動を見かけたら、それは愛犬が... 続きを読む≫
室内犬の安全に配慮したい暖房器具
日本で暮らす多くの方は冬場、何らかの暖房器具で室温を快適に保っているかと思いますが、室内で犬も一緒に暮らしているというオーナーさんは、より使... 続きを読む≫
犬は寒さ暑さに弱い?
「犬は暑さに弱い」「犬は寒さに弱い」本当はどっち?犬は気候に対して様々なことが言われますが、本当のところどっち?と思っている飼い主さんも多い... 続きを読む≫
犬の冬の寒さ対策(ケージやベッドの位置)
室内で一緒に暮らす愛犬の、冬の就寝後の保温のアイデアやケージ、ベッドを設置する位置などを考察しています。1月、2月は特に、寒さの厳しい地方で... 続きを読む≫
寒さに強い犬種と弱い犬種
冬の寒さに耐えられる犬、弱い犬、犬には様々な犬種があるため、気候への適応力も千差万別です。寒さに強い犬種の特徴としては、体の被毛が長く、いわ... 続きを読む≫
トイプードルは寒さに弱い犬種
犬も冬は寒いんです。犬は人と違い体毛に覆われていますが、だからと言って風邪をひかないわけでもありませんし、極寒の中に長時間滞在しては身が持ち... 続きを読む≫
チワワの寒さ対策
チワワは中南米の国、メキシコ原産の犬種です。祖先は赤道に程近い国を生き継いできた犬種なため、寒さに対してめっぽう弱いという特徴があります。チ... 続きを読む≫
ミニチュアダックスの冬の寒さ対策
ミニチュアダックスは小型犬の犬種の中では比較的寒さには強いほうです。強いとは言っても、私たち人間の感覚同様、0度〜5度以下のような極寒の環境... 続きを読む≫